FANDOM


株式会社インテリジェントシステムズ(INTELLIGENT SYSTEMS Co.,Ltd.)は、コンピュータゲームや開発ツールの制作を行っている日本の企業。詳細はWikipediaの記事を参照。略称はIS(イズ)。

1986年12月創業[1]。本社事業所は京都市東山区の任天堂リサーチセンター(旧本社)内に在り[2]、任天堂のハード専門で開発を行っているセカンドパーティーの1社として知られているが任天堂との資本的な繋がりは皆無である。

1990年にファイアーエムブレムのシリーズ第1作・暗黒竜を発売。以後、現在に至るまでシリーズ作品の開発に当たっており、FE以外の代表作には「パネルでポン」「ファミコンウォーズ」「ペーパーマリオ」「メイドインワリオ」(「まわる」以降)等が存在する。

1996年5月発売の第4作・聖戦までは開発作品の著作権は全て任天堂が持ち、ISは下請けの形を取っていたが1996年10月発売のゲームボーイ用ソフト「ヨッシーのパネポン」以降の発売タイトルは任天堂とISの共同著作扱いとなり、FEの過去作についても現在は任天堂とISの共同著作としてクレジットされるようになった。ティアリングサーガ事件では両社連名で、元IS社員で初代のシリーズ統括責任者である加賀昭三とその独立を支援したエンターブレインを提訴している。

脚注 編集

  1. 但し、現在の会社設立以前にも前身企業が存在していたとのことである。
  2. 登記上本社は京都府城陽市寺田深谷64-38。

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。