FANDOM


株式会社エンターブレインEnterbrain Inc.)は日本の出版社・コンピュータゲームメーカー。略称はeb。角川グループの1社であり、同グループのアスキー・メディアワークス(AMW)と多くの事業分野で競合している。詳細はWikipediaの記事を参照。

アスキー(旧社)及び同社の書籍発行部門であったアスペクト(現在はグループ離脱)のエンターテインメント部門を継承する形で2000年に設立され、ゲーム雑誌『ファミ通』やライトノベル系文庫レーベル・ファミ通文庫などを刊行している。

代表取締役社長・浜村弘一はファミ通第3代編集長時代から当時の編集部員・中治和哉(ジョルジュ中治)と共に大のFEフリークであることを公言していた。しかし、2000年にISを退社した加賀昭三の独立を支援して『エムブレムサーガ』、後の『ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記』の発売元となったことで任天堂とISから提訴され、東京高等裁判所において不正競争防止法違反を認定され約7600万円の賠償を命じられると言う大きな代償を支払わされている(この事件の詳細はティアリングサーガ事件を参照)。

この間、ebからFE関連書籍が発売されることは無かった(ゲーム雑誌での作品紹介は普通に行われていた)が事件の終結後、2007年の「暁の女神 パーフェクトガイドブック」より関連書籍の刊行を再開している。

なお、総合誌『ファミ通』の姉妹誌(いわゆる「ファミ通一族」)には任天堂ハード専門誌『ファミ通DS+Wii』が存在するもののAMWの『デンゲキニンテンドーDS』と同様に対象とする読者の年齢層が低めであるためか、毎日コミュニケーションズの『ニンテンドードリーム』に比較するとFEを記事として取り上げることは稀である。

エンターブレイン発行の関連書籍一覧 編集

2000年3月以前は、アスキー出版局またはアスペクト名義。

攻略本 編集

アスキー出版局発行、ムック扱い。

ガイドブック 編集

  • ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 ファンSpecial(1996年)

漫画 編集

アンソロジー 編集

  • ファイアーエムブレム アンソロジーコミック ユグドラル大陸戦史

小説 編集

  • ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(鈴木銀一郎)
ファミ通ゲーム文庫(アスペクト刊)、全5巻(本編3巻、短編集2巻)。
  • ファイアーエムブレム トラキア776(篠崎砂美)
  • ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣(篠崎砂美)
  • ファイアーエムブレム 紋章の謎(篠崎砂美)
ファミ通文庫刊。上記3タイトルを総称して「篠崎三部作」とも呼ばれる。

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。