FANDOM


株式会社スクウェア・エニックスSQUARE ENIX CO., LTD.)は日本のコンピュータゲームメーカー、出版社。詳細はWikipediaの記事を参照。

2003年に「ファイナルファンタジー」シリーズのスクウェアと「ドラゴンクエスト」シリーズのエニックスが合併して発足。現在の法人は持株会社のスクウェア・エニックス・ホールディングスから分社された2代目となる。

前身の1社である旧エニックス時代に「ドラゴンクエスト」シリーズ関連の書籍で出版事業へ進出し、4コママンガ劇場の大ヒットから繋げる形で1991年に漫画雑誌『月刊少年ガンガン』を創刊。その後に創刊された姉妹誌の『月刊Gファンタジー』を始めとする各誌で積極的にFEの漫画を連載していたが、1999年に「エニックスお家騒動」として知られる出版部門の分裂騒動が勃発した際に全作品が打ち切られた。

攻略本は1996年の聖戦「スーパーチャレンジブック完全攻略版」が最初で、その後しばらく刊行されなかったが2002年から2005年にかけてGBA封印烈火聖魔の3タイトルを対象にやりこみを重視した「あるきかたシリーズ」を刊行。

このように、かつては公式ガイド発行元の小学館と並んで数多くの関連書籍を発行していたが、蒼炎以降の関連書籍は全く刊行していない。

スクウェア・エニックス発行の関連書籍一覧 編集

2003年3月まではエニックス、同年4月以降はスクウェア・エニックス発行。

攻略本 編集

  • ファイアーエムブレム 聖戦の系譜―スーパーチャレンジブック完全攻略版(1996年7月)
  • ファイアーエムブレム 封印の剣のあるきかた(2002年7月)
  • ファイアーエムブレム 烈火の剣のあるきかた(2003年8月)
  • ファイアーエムブレム 聖魔の光石のあるきかた(2005年2月)

漫画 編集

  • ファイアーエムブレム外伝(箱田真紀)
月刊少年ガンガン1992年7月号増刊『ファンタスティックコミック』掲載の読み切り。単行本未収録。
辰巳出版のアンソロジー「スーパーファミコンセレクション」連載作品の単行本化。

4コマ・アンソロジー 編集

  • ファイアーエムブレム 4コママンガ劇場(全6集)
原作は第1集が暗黒竜と外伝、第2〜4集が紋章(1・2部)、第5集が紋章と聖戦、第6集が聖戦のみとなっている。
  • ファイアーエムブレム トラキア776 4コママンガ劇場(全2集)
  • ファイアーエムブレム ショートコミック劇場(全2集)
4コマでなく、コマ割自由の1ページギャグ。原作は第1集が紋章、第2集が聖戦でそれぞれ副題となっている。
  • ファイアーエムブレム スーパーコミック劇場(全4集)
アンソロジー。原作は第1集が暗黒竜中心で副題ナシ、第2集以降は紋章・聖戦・トラキアでそれぞれ副題となっている。

小説 編集

  • ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(竹田裕一郎)
上下巻。
  • ファイアーエムブレム トラキア776(梅村崇)
上下巻。
  • ファイアーエムブレム 烈火の剣〜封印の剣 エレブ動乱(真坂和義)
全3巻。エレブ編をゲームの発売順とは逆の時系列順に書いている。
  • ファイアーエムブレム 聖魔の光石(高瀬美恵)
上下巻。全出版社を通じて、現在のところ最後に刊行された小説作品。

ゲームブック 編集

  • ファイアーエムブレム 紋章の謎
  • ファイアーエムブレム 聖戦の:系譜
上下巻。

その他 編集

  • ファイアーエムブレム トラキア776 ポストカードブック

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。