FANDOM



 『ファイアーエムブレム0』(ファイアーエムブレム サイファ)とは、株式会社任天堂株式会社インテリジェントシステムズにより発行されているトレーディングカードゲーム(TCG)である。ファイアーエムブレムシリーズのTCGは、過去にNTT出版が発行していた『ファイアーエムブレムTCG』に続いて2タイトル目。

 本TCGの第1弾は3DS「if」と同日に発売され、第1弾の各種購入特典は「if」で使用できるシリアルコードとなっている。

ゲームの特徴 編集

  • カードは全て「キャラクターカード」
  本作の最大の特徴として、デッキを構築するカードは全て、ファイアーエムブレムに登場するキャラクターのカードとなっている点が挙げられる。他TCGに見られる「呪文カード」や「土地カード」等は存在せず、「ファイアーエムブレムTCG」のような武器カードや方眼のマップ等も存在しない。キャラクターの出撃(他ゲームの「召喚」等にあたる)に必要なコストは「絆エリア」と呼ばれる領域にカードを置く事によって捻出し、特殊な効果はキャラクターのカードに用意されたテキスト「スキル」によって発生させる事となる。
  • 全てが描き下ろしのカードイラスト
 本作のカードイラストは、一部プロモーションカードを除いて全てが描き下ろしのイラストである。イラストレーターは過去にファイアーエムブレムシリーズのパッケージイラストを描いた人物や、作品のコミカライズや関連書籍の挿絵を担当した事のある人物等も多く起用されており、ファイアーエムブレムシリーズにゆかりのあるイラストレーターの参加も多い。公式側が主催する大きなイベントでは、これらの人物を含む人気イラストレーターのサイン会を開催する事もある。
  • 任意のキャラクターを主人公に
 本作ではゲーム開始時に「主人公ユニット」を指定するが、そこで指定するキャラクターは原作ゲーム中で主人公を務めていた人物以外でも可能である。主人公ユニットの条件は「出撃コストが1である」事のみであるため、カード化されたキャラクターの多くが主人公として活躍する事ができる。
  • 原作ゲーム中の概念を生かしたシステム
 本作では射程の概念やクラスチェンジのシステムが存在し、原作ゲームで存在した概念をカードゲームに落とし込む事を成功させている。また本作のルールやシステムは、それらが非常に難解であった「ファイアーエムブレムTCG」と比較するとかなり簡略化されており、カード以外のカウンターやダイス、マップ等を使用する事が無い。そのため本作のルールは原作ゲーム経験者が直感的に理解することが可能であり、原作ゲーム未経験者は簡略化されたルールにより、早期のルール習熟が可能となっている。

登場作品群 編集

 この節では、カードのシンボル色(他ゲームの「マナの色」等にあたる)毎に説明を行う。これらのシンボルは同デッキ中で併用可能であり、単色のデッキから複合色デッキまで、組み合わせは様々ある。

光の剣(ひかりのけん)編集

 このシンボルに分類される作品:

FC「暗黒竜と光の剣」、FC「外伝」、SFC「紋章の謎」、DS「新・暗黒竜と光の剣」、DS「新・紋章の謎 光と影の英雄」WiiU「幻影異聞録♯FE」、3DS「Echoes もうひとりの英雄王

 第1弾で登場。このシンボルには、アカネイア大陸が舞台の作品が分類される。シンボルカラーは赤で、手札破壊を除く大半の事が可能。ユニットの出撃時に誘発状態となるスキルを持つユニットが多い。

聖痕(せいこん)編集

 このシンボルに分類される作品: 3DS「覚醒」、WiiU「幻影異聞録♯FE

 第1弾で登場。このシンボルには、「覚醒」に登場するキャラクターが分類される。シンボルカラーは青で、ほぼ全てのデッキタイプで使用できる。クラスチェンジに関わるスキルを持つユニットが多く、クラスチェンジを経て初めて使用可能となるスキルの存在が特徴。

白夜(びゃくや)編集

 このシンボルに分類される作品: 3DS「if 白夜王国」「if インビジブルキングダム

 第2弾で登場。このシンボルには、「if」で白夜王国に関係のあるキャラクターが分類される。シンボルカラーは白で、手札破壊を除く大半の事が可能。ユニットの移動や出撃に関するスキルを多く持つ。第6弾から実装された「竜脈」システムを使用できるシンボルのうちの一つで、第10弾からは後述の「暗夜」との複合シンボルを持つユニットが登場する。

暗夜(あんや)編集

 このシンボルに分類される作品: 3DS「if 暗夜王国」「if インビジブルキングダム

 第2弾で登場。このシンボルには、「if」で暗夜王国に関係のあるキャラクターが分類される。シンボルカラーは黒で、癖の強いカードが多い。単体でのカードパワーが高いユニットが多く、ユニットの撃破に関わるスキルを多く持つ。第6弾から実装された「竜脈」システムを使用できるシンボルのうちの一つで、第10弾からは前述の「白夜」との複合シンボルを持つユニットが登場する。

メダリオン編集

 このシンボルに分類される作品: GC「蒼炎の軌跡」、wii「暁の女神

 第3弾で登場。このシンボルには、テリウス大陸が舞台の作品が分類される。シンボルカラーは緑で、カードのドローやレベルアップ・成長に関するスキルが多い。このシンボルのユニットは重ねたカードの枚数を表す数値である「レベル」を参照するスキルを持つ事が多く、また原作ゲーム中で「ラグズ」と呼ばれる種族のキャラクターが数多く登場しており、ラグズ全般を含む「牙(きば)」のシンボルを持つユニットに関係するスキルが多く存在するのも特徴。

神器(じんぎ)編集

 このシンボルに分類される作品: GBA「封印の剣」、GBA「烈火の剣」、漫画「覇者の剣」、GBA「聖魔の光石

 第5弾で登場。このシンボルには、GBAで発表された作品が分類される。シンボルカラーは紫で、ほぼ全てのデッキタイプで使用できる。「支援エリア」に置かれた際に発動する支援スキルと、それに関連してデッキの一番上のカードを操作するスキルを持つカードが多い。他シンボルでは出撃コストが1のユニットにしか支援スキルを持たない事がほとんどだが、このシンボルでは出撃コストが2以上や上級職のユニットでも所持している事があり、その効果も様々である。

聖戦旗(せいせんき)編集

 このシンボルに分類される作品: SFC「聖戦の系譜」、SFC「トラキア776

 第6弾で登場。このシンボルには、ユグドラル大陸が舞台の作品が分類される。シンボルカラーは黄で、大半のデッキタイプで使用可能。ユニット出撃時やスキル使用時に捻出するコストを生み出す「絆エリア」を参照するスキルを持つカードが多く、このシンボルを中心としたデッキの絆エリアは、他のシンボルのそれに比べて非常に動きが多くなる事も多い。

シンボルなし編集

 この分類の作品: スマートデバイス「ヒーローズ

 第10弾で登場予定。このシンボルにはスマートデバイス向け作品の「ヒーローズ」が分類される。出撃時に参照するシンボルカラーを必要としないのが最大の特徴だが、同時に絆エリアに置いた場合に発生させるシンボルカラーも存在しない。

発売中のシリーズ編集

 この記事の作成時点で、全てのシリーズが購入可能である。MTGにおける「スタンダード落ち」のような制度が存在しないため、全ての弾のカードが使用可能。誤字や使用条件の補足、フレーバーテキストの訂正等はあるものの、禁止・制限カードもまだ存在していない。

第1弾 (発売:2015年6月)

 ブースターパック「英雄たちの戦刃」(えいゆうたちのせんじん)

 スターターデッキ「暗黒戦争篇」(あんこくせんそうへん)、「覚醒篇」(かくせいへん)

 収録タイトル:暗黒竜、新・暗黒竜、覚醒

第2弾 (発売:2015年9月)

 ブースターパック「光と闇の神焔」(ひかりとやみのしんえん)

 スターターデッキ「白夜篇」(びゃくやへん)、「暗夜篇」(あんやへん)

 収録タイトル:if 白夜王国、if 暗夜王国

第3弾 (発売:2015年12月)

 ブースターパック「希望への雙剣」(きぼうへのそうけん)

 スターターデッキ「蒼炎の軌跡篇」(そうえんのきせきへん)

 収録タイトル:蒼炎、if インビジブルキングダム

第4弾 (発売:2016年3月)

 ブースターパック「煌めき幻奏」(きらめきげんそう)

 スターターデッキ「幻影篇」(げんえいへん)

 収録タイトル:紋章、覚醒、♯FE

第5弾 (発売:2016年6月)

 ブースターパック「相剋を越えて」(そうこくをこえて)

 スターターデッキ「封印動乱篇」(ふういんどうらんへん)

 収録タイトル:封印、暁

第6弾 (発売:2016年9月)

 ブースターパック「閃駆ノ騎影」(せんくのきえい)

 スターターデッキ「聖戦の系譜篇」(せいせんのけいふへん)

 収録タイトル:聖戦、if インビジブルキングダム

第7弾 (発売:2016年12月)

 ブースターパック「士道を征く」(しどうをいく)

 収録タイトル:烈火、if インビジブルキングダム

第8弾 (発売:2017年3月)

 ブースターパック「生と死-運命の先へ」(せいとし うんめいのさきへ)

 収録タイトル:聖戦、覚醒

第9弾 (発売:2017年6月)

 ブースターパック「驚地轟轟」(きょうちごうごう)

 スターターデッキ「神々の大地篇」(かみがみのだいちへん)

 収録タイトル:封印、覇者、蒼炎、暁、Echoes

第10弾 (発売日:2017年9月21日)

 ブースターパック「クロスローズ」

 収録タイトル:トラキア、if インビジブルキングダム、ヒーローズ


これらの希望小売価格等は、以下の通りである。

  • スターターデッキ…カード50枚構築済みデッキ1個、プレイシート1枚、ルールブック1冊
             希望小売価格:1,300円(税別)
  • ブースターパック…全100種+加工違い14種、1パック10枚入り、1ボックス16パック
希望小売価格:1パック350円(税別)、1ボックス5,600円(税別)

関連リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。